医療コラム/塩谷郡市医師会

塩谷郡市医師会のリレーコラム。毎回テーマを変えて各分野の話題をご提供

CKD(慢性腎臓病)について

0
    尾形クリニック 血液透析センター長 米田尚弘(矢板市)
     
     みなさんは、CKDという言葉を聞いたことがありますか?
     CKDとは「慢性腎臓病 Chronic(慢性の)Kidney(腎臓の)Disease(病気)」の略語で、最近注目されている疾患です。その原因は糖尿病、高血圧などの生活習慣を背景としたものから、糸球体腎炎など腎臓固有の病気、遺伝性疾患まで多種多様です。
     では、なぜCKDが注目されているのでしょうか?
     CKDは、透析や腎移植が必要となるような末期腎不全の原因になるのみならず、CKD患者さんは脳卒中や心筋梗塞などの生命に直結する疾患になる危険性が高まると言われているからです。
     透析を受けていらっしゃる方は、すでに日本で30万人以上(400人に1人)であり、年々増加傾向にあります。いかにCKDを早期発見し治療するかが重要です。日本人の8人に1人はCKDと言われており、決して他人事ではありません。
     では、CKDの診断はどのように行われているのでしょうか?
     
    CKDかどうかは、検尿(尿蛋白や血尿の有無)や血液検査(尿素窒素やクレアチニン)、画像検査(超音波やCT)などで判断します。検診などで、検尿異常(尿蛋白や血尿が出ている)などと書かれていても、症状が無いがためについ放置してしまいがちだと思いますが、CKDの初期の可能性があります。
     最近はCKDに対する治療もかなり進歩しており、早期に治療介入すれば進行を食い止めることも可能となってきました。
     検診結果などで気になる点がある方は、ぜひ医療機関を受診してみてください。


    categories

    selected entries

    archives

    search this site.

    others