医療コラム/塩谷郡市医師会

塩谷郡市医師会のリレーコラム。毎回テーマを変えて各分野の話題をご提供

第58回 運動を楽しもう   

0
    森島医院院長  森島 真(さくら市)

    私たちが健康に暮らしていくために、運動習慣は欠かせません。でも、適度な運動を続けることは、簡単ではありません。どうすれば、運動習慣が身につくのでしょうか。運動の必要性を感じながら実行に移せない方のために、楽しく続けていくコツについてお話します。
     運動を始める前に、まず、健康状態のチェックを行いましょう。心臓や肺の病気にかかったことがある方、糖尿病や高血圧などの病気を持っている方、肥満、喫煙習慣のある方などは、医師の指示に従ってください。
     健康増進に必要な運動は、大きく分けて、散歩やジョギングなどの有酸素運動、腹筋運動などの筋力トレーニング、ストレッチング(柔軟体操)の3つがあり、特に重要なのが有酸素運動です。散歩を例にとると、生活習慣病を予防するためには、1日平均3辧1時間)以上を週5〜6回(1週間に23勸幣紂帽圓ぁ△修里Δ2割程度を速歩(時速4〜5辧砲砲垢襪里目安です。背筋を伸ばして、きれいな姿勢で歩くよう心がけてください。ダイエットを目的とする場合には、距離や速歩をもう少し増やします。運動だけで内臓脂肪を1垳困蕕垢砲蓮体重65圓諒で約100卻發必要があります。
    ここで大切なのは、いきなり頑張り過ぎないことです。最初は1日1劼任發いい里如天気の良い日は必ず歩き、少しずつ運動量を増やすよう心がけてください。1〜2か月続けるうちに、運動による爽快感が楽しくなり、3卍度の散歩は容易になるはずです。
     安全に運動を続けるには、公園や運動場を利用するのが便利ですが、近くにそのような施設がない場合には、できるだけ安全な道路を選び、暗い時や路面の状態が悪い時は避けてください。
     なお、筋力トレーニングとストレッチングについては、健康増進が目的であれば、準備体操や整理体操として筋肉痛や関節痛が起こらない程度に行うだけで十分です。


    次回からは「養生のススメ」に代わり、塩谷地区眼科医によるリレーコラム「知って得する目眼(豆)知識」の連載が始まります。目の健康のためにお役立てください。


    categories

    selected entries

    archives

    search this site.

    others